沖縄の特産品として知られる八重山そばとは

沖縄県石垣島の特産品として広く認知されているのは八重山そばです。八重山そばの特徴として挙げられるのが麺になります。沖縄の特産品として知られるソーキそばなどと比較して細麺で、ラーメンのように縮れていない点も特徴として挙げることができるでしょう。基本的に使われる麺は丸麺が主流です。しかし、近年では平麺などを採用するお店もあります。

八重山そばのスープは、基本的にカツオと豚骨でダシを取ります。沖縄では味噌汁などもカツオでダシを取るところも多く、八重山そばにおいてもカツオが使われています。カツオや豚骨で取ったスープの特徴は、甘みがあることです。当然食べ物の美味しさなどは人それぞれですが、スープの甘みも八重山そばの特徴であるとされています。

八重山そばのトッピングとしては三枚肉やソーキ、八重山かまぼこなどです。当然お店によっても異なりますが、三枚肉をトッピングすることでボリュームが大きくなりますから、満腹感を感じたいという方はトッピングを利用します。食べる前にはヒパーチという香辛料を使います。必ず使うということはなく、香辛料に関しては人それぞれの好みになります。ヒパーチは別名島胡椒として紹介されています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket