沖縄の特産品として知られるイラブー汁について

Pocket

沖縄の特産品として知られている食事には、イラブー汁があります。先程も述べたように他の都道府県とは異なり、独特の歴史背景がありますから、東京都などでは食べられない料理を沖縄の人は食べています。イラブー汁は琉球王国から食されてきた伝統的な宮中料理として知られており、今でも沖縄の伝統的な料理として多くの人に愛されている汁です。イラブーとはエラブウミヘビのことを指しており、イラブー汁にはこのエラブウミヘビが入っています。

エラブウミヘビは産卵時期になると海から陸に移動するため、陸に上がってきたエラブウミヘビを捕獲し、それを燻製にしてイラブー汁として多くの沖縄の住民や観光客に提供されています。エラブウミヘビは見た目などから敬遠する観光客もいますが、実際にイラブー汁には数多くの健康効果があるとされています。

健康効果として挙げられるのが神経痛です。イラブー汁は神経痛に効果があるとされており、神経痛で悩んでいる方はこのエラブウミヘビを健康のために食べている方も少なくありません。その他にも、リュウマチや沖縄の地域では出産された方に提供する料理として知られています。今まで食べたことがない方は注文してイラブー汁を味わってみてはいかがでしょう。

Pocket